be here, be there


おもしろきことなき世をおもしろく
by arauma-tyo
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

なりたい自分に、なってください。

どうも、こんばんは。
カウントダウンはお疲れ様でした★

ろくな挨拶もせず、
フェードアウトしてしまってごめんなさい…。
歳、ですな。
卒業して4年も経つと、
あの寒さと眠気と疲れには勝てません。
着替えに戻ったホテルで、
翌朝10時までグースカ寝てました(笑)。


楽しい荒馬でしたね。
なんだか分からないけど、
私は、すごくすごく満足しています。

もちろんまだまだなところは多々あるけれど、
それでも、なんだか、
肩の力を抜いた感じに、安心しながら楽しむことができて、
すごく満足。
う~ん、やっぱり歳、なのかなぁ(笑)。うむむ。


今回、練習からゆっくり見ることができたステージ荒馬に対して、
みんな口を揃えて「どうですか?」とたずねてくれました。

ステージ荒馬経歴が、実は、
ドリバルで1度、第1回楽公演で1度、
たったこれだけしかない私ですが、
決してみんなには負ける気がしません(笑)。
えぇ、えぇ。


というわけで、
みんなの踊りを見て、どうアドバイスしたらいいのか、
めちゃくちゃ考えたのですが、

きっと、
「なりたい自分に、なってください」
この一言に尽きるな、ということをこの場を借りて。

振り付けもできてる、
お囃子も整っている、
この状態まできたら、
あとは「手をこうすればいい」「足をああすればいい」と
周りがどうこう言って変わるものではないんですよね。

“間”だったり、“雰囲気の出し方”だったりするので。


私が、なぜみんなに負けないと言い張れるのかというと、
それは、“こんな雰囲気を出す踊り手になりたい”というイメージを抱き、
それほど本当に踊りを研究しまくったからです。


ドリバルの舞台に向けて
荒馬の練習を始めた3回生の夏休み期間、
マニア、
オタク、
キモチワルイ、
に値するぐらい、荒馬のビデオを見ました。
目標とする踊り手の動きを研究しまくりました。
朝昼夜、暇さえあれば妄想し、
どう動けばその踊り手に近付けるか、素敵な踊りができるか、考えていました。

それでも実際に自分の動きをビデオに撮ってみると、
思い描いた動きとはほど遠く…、
何度愕然としたことか。

ドリバルのメンバー数名と、
ひたすら一つの振り付けを踊ってはビデオを見て、
また少し動きを修正して踊ってはビデオを見て、
こればかりひたすら続けていた日もあります。

また、
振り付けや間だけではなく、“アドリブ”、“表情”、“個性”もしかり

こればっかりは私自身、
舞台の経験回数で積み上げることができなかったので、
ホントに妄想の世界ですね。

どんな踊り手になりたいのか。
それをしっかり考えて、それになれるように工夫をしていくことが、
「上手」になる一番のアドバイス
なのだと。

それでも、私だってまだまだ下手っぴなところがたくさん。
それは、きっと舞台経験が足りないから、なのだと思っています。

みんなは経験を積むことがまだまだできます。
振り付けを覚えたら、
一通りのことができるようになったら、
もうひとつ上の
「自分らしさ」を見つけていってください。
「こういう自分になりたい」を決めて、目指していってください。

すると自然と、「上手」な踊り手になると思いますよ。





と偉そうなことを言いましたが、
最後にみんなにお願いがあります。

卒業してはやくも4年が経ちました。
私は長老会の中でも、なかなかしつこく現役の子と交わり続けたメンバーだと思います。

もちろんそれは、自分が好きで交わっていたというのもあるけれど、それだけではありません。別府を去る間際に立ち上げた緒の行方が、ずっと心配で、気になっていたから。

緒は緒だけで成り立っているわけではなく、
大川平という演目、人、土地とのつながりに始まり、
そこを幹に、とても大きな枝葉の繋がりが広がっていて、
そしてそれのどれを断ち切っても成り立たなくなってしまいます。

こればっかりは、手放しで後輩たちに
「じゃ、がんばって!」
と任せて去ることができませんでした。

だからこそ、緒に顔を出し続けたりもしたし、口うるさく注意もしてきました。
(とはいっても、別府に行く度にもてなしてくれたのは、後輩たち以外のなにものでもないけどね。感謝感謝)

けれども、この役割もそろそろ世代交代。
私がいつまでも後輩たちを見守りながら、深く関わり続けられるわけではありません。現実、自分がいつの日か家庭を持ったり、子どもを産んだりしたら、どうしても難しくなってくると思います。もう、26ですしね。

だからこそ、お願いです。

4年間(いや、APUには5年間の人もたくさんいるけど)、
どっぷり緒とかかわり続けてくれた子もたくさんいると思います。
けれど、4年間(だから、5年間の人も含めてね)で終わってしまうことなく、
卒業しても、自分のペースででいいので、
できる時まででいいので、
現役の子たちを見守り、関わり、
時には大川平や他団体との繋がりをサポートしていってください。
緒の繁栄をサポートしていってください。

もし、私を含めた長老会と一緒に跳ねられる機会を喜んでくれている人がいるのであれば、そんな風な機会を後輩にあげられる長老会会員になっていってください。

とはいっても、私が相変わらずしつこく交わり続ける人であることに、きっと変わりはないんですけどね(笑)。

というわけで、これからもどうぞよろしくお願いします。
では皆さん。2009年 よい1年に。

e0009089_014060.jpg


ゆかむ
[PR]
by arauma-tyo | 2009-01-08 00:06

明けましておめでとうございます☆

ブログ更新サボリまくってました宇井です(笑)

今年も無事!?カウントダウンも終わり、緒にとっていい新年の出だしではないかなと思います!
個人的にはまだまだ出来たとは思います。
まぁ満足できる舞台なんて一生無いと思いますけどね。
なんかカウントダウン前に一人で自分はなんで荒馬やったり和太鼓やったりしてんのかな?なんでこんなに舞台出たりしてるんかな? って考えてました。

いくら考えても答えは無かったです。
もともと無いのかも…
でも個人的にこの悩みは大事だと思ってます。だからこれからも悩み続けます(笑)

でも一つだけ分かってることがあって、カウントダウンを通して改めて荒馬と和太鼓めちゃくちゃ好きだと思った。
だから続けてるんだろうな。
単純に好きだからって答えもありなのかな?


改めてみんなに、なんで自分は舞台に立ってるのか緒を続けてるのか聞きだいです。
コメント待ってます( ̄∀ ̄)


途中から何のことか分からんくなったわ(笑)
[PR]
by arauma-tyo | 2009-01-05 07:27

新年好!!


モ~ 新年だ~

モ~ 平成21年だ~ 


あけまして~

おめでと~ございまーす


どうもこんにちは、毎度お馴染みMAXです。

イェーイ 今年もブログで一番乗りだ~ ヘイヘーイ☆





 (おい、そこのチミ 暇人呼ばわりするでない


丑ですね。丑。うちの兄貴は年男です。


 カウントダウン、どうでしたか。 
 どうなりましたか。
破壊神によって世界が崩壊しかけましたか

無事みんなで新年迎えられましたか。

朝焼けがまぶしくて、やけに目にしみて胸がくるしくて少し戸惑って ましたか。


MAXはキリスト教でもないのにクリスチャンのみなさんに混じって新年を祝ってました。

言葉がわからずほとんど上の空でした。

募金はしない派ですが、封筒を差し出されて思わず寄付させられしました。

みんなが唄う歌によく「LORD」という言葉が出てきて

よくわからないまま一緒に歌ってました。

帰ってきて調べたら、「OUR LORD」でキリストのことだという事を知りました。




さよなら2008年

こんにちは2009年



今年もらっせーらーな年になるといいですね。


みんなにとって良い年になりますように・・・なんて願っても無いことです




 去年はお世話になりました。今年もよろしくお願いします。


                 2009年 元日   MAX
[PR]
by arauma-tyo | 2009-01-02 00:16